中古マンションを購入した場合、お風呂リフォームは必要か?

今はマンション需要が非常に高くなっていると言われていますが、一方では新築マンションの高価格化が進み、中古のマンションは非常に古くなってきていて、なかなか需要と供給のバランスが合わなくなっていると言われています。特に都市部においてこの傾向は顕著だと言われています。

 

特に、中古のマンションでは設備の古さが目立つようになってきていて、近年は入居者の確保のためにお風呂やトイレに関してリフォームを行うオーナーも増えてきているそうです。こうした際、リフォームに際して注意すべきことがあります。

 

まず、リフォームを適当にごまかして行うと後々クレームやトラブルの元になるということです。たとえば、ユニットバスにきちんとせずに表面的な補修でユニットバスにみせかけている場合などは、使ってみればその違いが明らかにわかります。また、水周りもしっかりリフォームしないと、水漏れがあったり、水圧があまりにも弱かったりすることがあります。

 

作業納期についてもよく考えておく必要があり、解体作業や搬入そして止水のための接着剤関係が乾燥して十分な機能を発揮するまでには時間がかかりますし、ユニットバスの導入作業が一日で終わらないことも多く、複数の部屋でお風呂のリフォームを検討するのであれば余裕のある計画が必要不可欠です。

 

逆に入居者の立場で考えるならば、リフォームされた浴室には注意しなければならないということです。温かい時期であれば、床の断熱機能などがどの程度かわからない場合も少なくありません。事前にチェックするポイントを作っておいて、総合的に良し悪しを考えるようにしましょう。